むくみの簡単な対処法は足首の運動やふくらはぎのマッサージ

むくみは浮腫ともいいます。

血液やリンパ液などの体液は通常体中を巡っているのですが、その巡りが悪くなって体液が一部に滞っている状態がむくみです。

むくみは循環器などの不調でも起こります。

なかなか治らないようなむくみは、原因を知るために病院の診察を受けることが大事です。

たかがむくみと思わず、浮腫みの原因となっている体調不良や疾患を知ることが大事です。

一方で、健康な人でもむくむことがあります。

特にむくみやすいのは脚です。

一日中座り続けていたり、逆に立ち続けていたりと、同じ姿勢を長時間続けていると健康な人でも下肢がむくむことがあります。

このようなむくみは一晩休めば治っていることが多いです。

このような軽度の一時的なむくみであれば、自分でむくみ解消法を試して回復を早めることもできます。

むくみに効く足首の運動

いつでもどこでもできるむくみ解消法は、

足首の運動です。

この運動は座った状態でもできます。

足首の関節を「くいっくいっ」と曲げ伸ばしするだけです。

この運動でふくらはぎの筋肉が動きます。

ふくらはぎの筋肉が動くとき、筋肉にはさまれた静脈の血管が一緒に動き、下肢にたまっていた血液などが上に押し上げられます。

ふくらはぎの筋肉がポンプの働きをして、静脈の血を押し上げるのです。

むくみに効くふくらはぎのマッサージ

帰宅してお風呂に入れるのであれば、体を温めながらふくらはぎをマッサージしましょう。

足首からひざ裏に向けて掌でやさしくもみあげるのがコツです。

ふくらはぎに滞っている体液を上半身に押し上げるとむくみはよくなります。

下から上に向けてマッサージするのがよいです。

寝る時は下半身を高くして寝る

寝るときは、脚の下にクッションや丸めた布団などを入れて下肢が上半身よりも高くなるようにしましょう。

寝ている間の体液循環が重力でより促されて、むくみが解消しやすくなります。

軽いむくみの対処には、普段からのちょっとした習慣づけが大切です。

(富山県 ペンネーム:室堂さん)




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ